Seymour Papert/lang-ja

From OLPC

< Seymour Papert
Revision as of 01:55, 2 May 2008 by Cjl (Talk | contribs)
(diff) ← Older revision | Current revision (diff) | Newer revision → (diff)
Jump to: navigation, search
  翻訳された Seymour Papert 原文  
  english | 日本語| русский   +/- 変更  

シーモア・パパートは、子供たちに何かについて教えるのではなく、むしろ子供たちが何かをすることを教えるという教育哲学を説明するために構成主義という言葉を生み出しました。 彼の初期の研究は、子供たちに古典的なやり方で数学を教えるのではなく、数学者になることを教える、ということに打ち込んでいました。

この成果はカッコ表記を伴わないLISP言語という形で、言語LOGO の誕生へとつながりました。この言語は、ペンを備え、幾何学的形状を書くようプログラムすることのできる小さなロボット「タートル」と呼ばれるデバイスと一緒に開発されました。


HistoriaLogo01.jpg

彼の研究は彼がLEGOから招かれ協力したLEGO Mindstormロボットキットの開発につながった著書、"マインドストーム"という本で継続されました。

彼はOLPCプロジェクトの一部であり、そして学ぶことを学ぶの章を通しこのWikiでも活発に活動されてます。


彼と彼の業績についてのより多くの情報がここのウェブサイトに掲載されています。: http://www.papert.org


(スペイン語に翻訳されているシーモア・パパートのいくつかの文献)

Seymour Papert invented the term constructionism to describe an educational philosophy that teaches children to do something rather than teaching them about something. Some of his early work involved teaching children to be mathemeticians rather than teaching them about mathematics in the traditional way.

This led to the LOGO language which is a form of LISP without the brackets. This language was developed in conjunction with a device called a turtle which was a small robot holding a pen which could be programmed to draw geometric shapes.

HistoriaLogo01.jpg

His work continued in a book called Mindstorms which led to him being invited to help the LEGO corporation develop the LEGO Mindstorms robotic kits.

He is in part of the OLPC project and is active in this wiki through the Learning Learning section.

There is a website with more information about him and his work here: http://www.papert.org


(Some Seymour Papert Articles and Translations in Spanish)

Personal tools
  • Log in
  • Login with OpenID
About OLPC
About the laptop
About the tablet
Projects
OLPC wiki
Toolbox
In other languages