Alan Kay/lang-ja

From OLPC

Jump to: navigation, search
  翻訳された Alan Kay 原文  
  english | 日本語 | français   +/- 変更  

アラン・ケイは、ダイナブックコンセプトを生み出した Smalltalk言語を使ったオブジェクト指向プログラミングの初期の研究で非常によく知られています。彼のコンセプトはSqueakの走る近代的なタブレットPCが手に入るようになってもいまだ完全には実現されていません。かれはSqueakを生み出したコアチームの一人であり、3次元におけるSmalltalkをベースにしたもう一つのプロジェクト、Croquetも生み出しました。構成主義による教育でも業績を残しています。

上記本のPersonal Dynamic Mediaの章はアランの1977年の研究について知ることができます。

もっと多くの情報はここにあります:http://en.wikipedia.org/wiki/Alan_Kay

Alan Kay is best known for his early work on object-oriented programming using the Smalltalk language which resulted in his Dynabook concept. His concept has never been fully implemented although a modern tablet PC running Squeak comes close. He is one of the core team that produced Squeak and he has also created another Smalltalk based project in 3 dimensions, Croquet. He has also done work in constructionist education.

This book chapter on Personal Dynamic Media shows what Alan was working on in 1977.

More info here: http://en.wikipedia.org/wiki/Alan_Kay


Personal tools
  • Log in
  • Login with OpenID
About OLPC
About the laptop
About the tablet
Projects
OLPC wiki
Toolbox
In other languages