Etoys/lang-ja

From OLPC

Jump to: navigation, search
  翻訳された Etoys 原文  
  english | español | 日本語 | 한국어 | română | français   +/- 変更  
Etoys
Image:Activity1.png This activity was core
TST Etoys
Tickets all - active - new
PootlePOT
TST Etoys
Bert Freudenberg, Ted Kaehler, Alan Kay, Yoshiki Ohshima, Ian Piumarta, Kim Rose, Scott Wallace, Takashi Yamamiya, and many others

see more templates or propose new


Squeak EtoysはLOGO、PARC-Smalltalk, Hypercard, そしてstarLOGOによって触発されて生まれました。Etoysは、多様な環境で動作する様々な作品をエンドユーザが制作できる、シンプルで強力なスクリプト記述されたオブジェクトモデルを有する豊富なメディア素材のオーサリング環境です。Etoysはフリーでオープンソースです。Etoysは2Dと3Dのグラフィックス、イメージ、テキスト、パーティクル、プレゼンテーション、ウェブページ、ビデオ、サウンド、そしてMIDIといった様々な物を含みます。またEtoysでは、他のEtoysユーザとリアルタイムでデスクトップを共有できる機能も装備していますので、インターネットを越えて様々な形態のリアルな教えあいこや遊びが可能です。Etoysは多言語対応で、20種以上のプラットフォームで、ビット的にはいずれも同じものとして動作します。これまで米国、ヨーロッパ、南アメリカ(ブラジル、コロンビア、アルゼンチン)、アジア(日本、韓国、インド、ネパール)そしてその他多くのところで利用されてきています。

更に知りたい方は:http://www.squeakland.org/school/HTML/essays/essays.html

(訳注:日本語サイトはこちら:http://squeakland.jp

Etoys running on the OLPC display

Squeak Etoys was inspired by LOGO, PARC-Smalltalk, Hypercard, and starLOGO. It is a media-rich authoring environment with a simple, powerful scripted object model for many kinds of objects created by end-users that runs on many platforms, and it is free and open source. It includes 2D and 3D graphics, images, text, particles, presentations, web-pages, videos, sound and MIDI, etc. It includes the ability to share desktops with other Etoy users in real-time, so many forms of immersive mentoring and play can be done over the Internet. It is multilingual, runs on more than 20 platforms bit-identically, and has been successfully used in the USA, Europe, South America (Brazil, Colombia, Argentina), Asia (Japan, Korea, India, Nepal), and elsewhere.

Further reading: http://www.squeakland.org/school/HTML/essays/essays.html

Contents

メーリングリスト

特にOLPC環境におけるEtoysについて議論するメーリングリストがあります。:etoys(at)laptop.org. 最新の情報を知りたい方は是非参加して下さい!

There is a mailing list specifically discussing Etoys in the OLPC environment: etoys(at)laptop.org. Please subscribe to keep in touch!


  For the general public

教師と学習者の皆様へ

  • 初めてEtoysを使うユーザにお勧めのチュートリアルが、Etoysアクティビティに付属しています。
  • XO上で稼動するeToysについてあなたが知りたい全てが記された文書がここにあります。
  • http://squeakland.org は、Squeakの教育的用途についての中心となるサイトです。
  • Etoysでゲームを構築するためのイディオム
{{{1}}}

Projects for Squeak on the OLPC XO

ここにリンクを追加してください:

Please add your link here:

ドキュメンテーション

  • Powerful Ideas in the Classroom, Using Squeak to Enhance Math and Science Learning by B. J. Allen-Conn and Kim Rose, 2003, Viewpoints Research Institute, Inc., 86 pages, ISBN 0974313106

邦訳:子どもの思考力を高める「スクイ―ク」理数力をみるみるあげる魔法の授業 ISBN 4-87290-211-4

  • Inside Etoys 50ページを超えるヘルプがあります。これらのEtoys クイックガイドは、Etoys QuickGuides Index からも利用できます。
  • Powerful Ideas in the Classroom, Using Squeak to Enhance Math and Science Learning by B. J. Allen-Conn and Kim Rose, 2003, Viewpoints Research Institute, Inc., 86 pages, ISBN 0974313106
  • Inside Etoys there are more than 50 pages of help. These Etoys Quickguides are also available as web pages at the Etoys QuickGuides Index.


Etoysのデザイナーの方々へ

Etoysを動かすのに一番良い方法は実際にOLPC imageを使うことでしょう。しかしながらsqueakland.orgバージョンを使って編集されたEtoysも殆ど問題なく動くはずです。なお注意として、子供たちのマシンの実際の画面は1200x900の解像度があるとはいえ、非常に小さいことを心に留めておきましょう。

OLPCではOLPCマシンの上で動くようデザインされた最も優れたEtoysのためのコンテストを計画しています。優勝者の作品は、来年配布される予定の500万台のマシンにプレインストールされる予定です。詳細な審査基準と応募のための書式は現在準備中ですが、「楽しい」こと、小さな子供たち(文章が込み入ってないこと)に適しており、ハックしやすく(プログラムはシンプルで美しく)作られているものが良い作品とみなされ、そしてEtoysの利用の観点からある種の創造的な側面を持ち合わせた作品である必要があります。もちろん最も参考となる例は、XOでうまく動作するよう書き直された既存のEtoysであることでしょう。

更なる詳細については、しばらくたってからまたこのページを訪問してみてください。

To build etoys, the best thing would be to use the actual OLPC image. However, etoys authored using the squeakland.org version should be fairly compatible. Remember that the actual screen of the kids' machines will be very small, even though it has a 1200x900 resolution!

We are planning a contest for the best etoys designed to work on the OLPC machines. The winners will be included in the repository distributed with 5 million machines next year. Precise criteria and the format for submissions are being worked on, but a good entry should be fun, suitable for younger kids (text shouldn't be too complex), hackable (code should be elegant), compact (disk space is precious), and should illustrate some creative aspects of using Etoys. Of course the best examples might be existing etoys rewritten to work nicely on the laptops.

Come back to this page in a few days for more information.

翻訳者の方々へ

翻訳作業はPootleで行えます。(以前は launchpad.netを使っていましたが、最近移行しました) ビルドに使用されるマスターのgettextファイルは http://etoys.laptop.org/svn/trunk/etoys/po/ にあります。

Translation work can be done at Pootle. (Previously launchpad.net was used, but recently we moved from there)

Master gettext files for build are available at http://etoys.laptop.org/svn/trunk/etoys/po/.

開発者の方々へ

OLPC向けのEtoysの現行バージョンはsqueakland.orgのイメージをベースとしています。最小限のSugarとの橋渡しのコードを含む最新のSqueakで走ります。

Imageshttp://tinlizzie.org/olpcからダウンロードすることができます。("Tin Lizzie"はまた別のプロジェクトです。)

  • etoys-dev-2.1-1535.zipは開発用イメージと変更分を含んでいます。(開発用の入れ替えイメージとしてお使いください)

あなたのイメージを更新するのを忘れないで!

Activity Source: http://dev.laptop.org/git.do?p=projects/etoys gitのクローン git://dev.laptop.org/projects/etoys http://etoys.laptop.org/srcに最新のgitツリーのミラーがあります。

RPMs: Squeak VMとEtoysのアクティビティ(作品)はRPMになっています。これらを最も簡単に手に入れる方法はyumを使う方法です;

wget http://etoys.laptop.org/olpc-etoys.repo
cp olpc-etoys.repo /etc/yum.repos.d/
yum install etoys

常に最新のものを手に入れるには、以下を実行するだけでOKです。

yum update etoys squeak-vm

リリースの流れについてはEtoys RPM and XO bundleをご覧下さい。


Sugar: Sugarエミュレータの中で走らせるためには、sugar-jhbuildを使ってください:

./sugar-jhbuild buildone squeak
./sugar-jhbuild buildone etoys

Etoysは最新のsugar-jhbuildの中に標準で組み込まれています。


バグ: http://dev.laptop.org/でチケットを発行してから"Etoys"コンポーネントを選択してください。

{{{1}}}

開発者イメージからetoys.imageをビルドする

  • 'Welcome' 'DemonCastle1' 'Gallery' 'Launcher'のプロジェクトファイルを置いてください。
  • 画面サイズを1200 x 900に設定してください。
  • 'etoys.image'として保存してください。

ReleaseBuilderSqueakland new prepareReleaseImageForOLPC.

  • place project files for 'Welcome' 'DemonCastle1' 'Gallery' 'Launcher'.
  • set screen size as 1200 @ 900.
  • save as 'etoys.image'.
ReleaseBuilderSqueakland new prepareReleaseImageForOLPC.

OLPCラップトップ無しでOLPC Etoysを走らせる(コンテンツクリエータ/テスター/教師向け)

私たちの殆どがそうですが、もしあなたがOLPCラップトップを持っていなくても、OLPC Etoysのコンテンツを作ることが出来ます。いくつかのちょっとしたOLPCラップトップ向けにカスタマイズされた点(カメラのハンドリングとか)が抜けていますが、しかし殆どのコンテンツのテストは可能です。この章ではそのやり方について説明します。

If you, as most of us, do not have the OLPC laptop, you can still develop OLPC Etoys content. There will be a few minor integration points missing (Camera etc), but most content and testing can still be performed. This section describes how to achieve this.

方法1(最も簡単) - SqueaklandインストールパッケージとOLPCイメージを使う

この方法が狙っているのは、あなたのお気に入りのOSにSqueakland Etoysをインストールして、そしてOLPC Etoysのイメージとコンテンツをダウンロードすることです。そしてOLPCイメージを走らせるのにSqueaklandのバーチャルマシンを使います。

OLPC Etoysをあなたのシステムにインストールするには? (あなたがすでにSqueakをインストールしているならば、以下のStep 1とStep 2は飛ばしてください。)

  • Windowsでの手順
    1. SqueaklandからEtoysをダウンロードしてインストールしてください。ページ真ん中辺にあるSqueaklandのリンクに行き、"Download Squeak"のボタンをクリックします。次のページで、"Downlaod Squeak"リンクをクリックします。ブラウザが表示するファイルを開いたりセーブするダイアログで"開く"をクリックしてSqueakPluginInstaller.exeを保存してください。
    2. A Squeak Plugin Installerインストレーションダイアログが表示されます。"Next"をクリックして、そして"Close"をクリックしてください。これによってあなたのシステムにSqueakがインストールされ、デスクトップにSqueakのショートカットが作成されます。ショートカットのイメージはこんな感じです;Squeak Desktop Item
    3. さてつぎにOLPCバージョンのEtoysをダウンロードします。最新のバージョンはこのサイトからダウンロードできます。これからプログラムを取り出すのに、解凍プログラム(PKZip, WinZip, あるいは7Zipなど)が必要です。 "C:\Etoys-OLPC"といった感じのフォルダをつくり、そしてこの新しく作ったフォルダにダウンロードしてきたetoys-image-and-pr.zipからのファイルを解凍します。
    4. OLPC Etoysを走らせる::さぁこれでStep 3でダウンロードしたOLPC Etoysを走らせる準備が出来ました。Step 2で作成されたデスクトップのSqueakショートカットを使います。OLPC Etyosを走らせる最も簡単な方法はetyos.imageをStep 3で作った"C:\Etoys-OLPC"フォルダからドラッグしてきて、Step 2で作ったデスクトップのSqueakショートカットアイコンにドロップすることです。さぁやって見てください。ほら動いた!最初にOLPC Etoysメニューページが表示されているはずです:OLPC Etoysメニュー, 以上でOLPC Etoysコンテンツを作って、テストして、そして遊ぶ準備が出来ました。
  • Linuxでの手順:(編集中)
  • Macでの手順:(編集中)

The idea behind this method is to install, on your favorite operating system, the Squeakland Etoys system, and download the OLPC Etoys image and content. Then use the Squeakland virtual machine to run the OLPC image.

How to install OLPC Etoys on your system? (Skip Step 1 and 2 below if you already have Squeak installed.)

  • On Windows
    1. Download and install Etoys from Squeakland. Go to the Squeakland link; in the middle of the page, click on the "Download Squeak" button. On the next page, click on the "Download Squeak" link. Click "Open" on the browser dialog asking you to open or save the SqueakPluginInstaller.exe.
    2. A Squeak Plugin Installer installation dialog will come up; click on "Next", then "Close". This will install Squeak on your system, and create an item on your desktop named Squeak, which looks like this: Squeak Desktop Item
    3. Now Download the OLPC version of Etoys. The latest version can be downloaded from this site. You will need an extract program (such as PKZip, WinZip, or 7Zip) to extract this. Create a folder named "C:\Etoys-OLPC" or similar, and extract the contents of the downloaded etoys-image-and-pr.zip into the newly created folder.
    4. Running OLPC Etoys: Now we are ready to run OLPC Etoys downloaded in Step 3, using the Squeak desktop item created in Step 2. The simplest way to run OLPC Etoys is to drag the file etoys.image from the "C:\Etoys-OLPC" folder you created in Step 3 on top of the Squeak icon created in Step 2. Try it - it works! You should see the OLPC Etoys menu page: OLPC Etoys menu, and are ready to create OLPC Etoys content, test, or just play.
  • On Linux: todo
  • On Mac: todo

方法2 - エミュレーション環境を使う

エミュレーションを使うことで、あなたはあたかもOLPCラップトップを持っているのと同じ状態になります。本質的にはOLPCラップトップがあなたのシステムの"内側で"走ることになるのですが。エミュレーション環境はあなたが持っている様々な一般的オペレーティングシステムの上に構築できます。Windows, Linux, そしてMacOSでの構築方法の方法については ここに書かれている手順にしたがって下さい。

Emulation allows to "pretend" you have the OLPC laptop - essentially the OLPC laptop runs "inside" your system. You can achieve this on any common operating system you have. Please follow instructions here for descriptions on how to do it using Windows, Linux, FreeBSD, or MacOS.

方法3 - RPMパッケージをインストールする(Linuxのみ)

もしあなたがごく最近のLinuxのバージョンを使っているならば、ビルド済みのRPMによってあなたのシステムにインストールすることが出来ます。(もし使えるならば先にaptに変換してください。)インストール手順とRPMのダウンロードできるリンクについてはEtoysページをご覧下さい。

ベンチマーク

If you are on any reasonably recent version of Linux, there are pre-built RPMs that you can install on your system (convert to apt first if applicable). Look on the Etoys page for instructions and a link to the RPM download.

Benchmarks

様々な議論

以下は自由に編集してください。 (あき)

Feel free to edit below.

Etoys Squeakを使ったOLPC向けプログラミング

XO上で Squeak Smalltalkによる開発環境を構築するチュートリアルSmalltalk_Development_on_XO があります。Bert Freudenbergは、EtoysプロジェクトまたはSmalltalkのチェンジセットから、.xoファイルを構築する方法を作りました。その手順をSqueakで書いてEtoysイメージに導入すれば、XO上でアクティビティを作ることも可能になります。

私たちはOLPC Squeakを使ったプログラミングについてのチュートリアルシリーズを始めようとしています。これは子供たちのためではなく、Etoys環境のなかにアクティビティを作ろうとしているプログラマを対象としたものです。私たちはまたFedora+Sugar+EtoysからなるWindowsバージョンのエミュレータのインストレーションのためのカスタマイズキットを用意しています。クリックするだけです。。。チュートリアルにある使い方を読んで下さい。

残念ながら、チュートリアルはいまのところブラジル圏のポルトガル語版のみです。 リンクはここです。これらのページは将来的にOLPCのブラウザによって閲覧できるフォーマットになっています。

There is a tutorial on how to set up the Squeak Smalltalk development environment on the XO. See Smalltalk_Development_on_XO. Bert Freudenberg has a way to create an .xo file from an Etoys project or Smalltalk change set. If we write it in Squeak and incorporate that into Etoys image, making an activity can be done on the XO as well.

We are beginning a tutorial series about programming using the OLPC Squeak -- not for kids, but for programmers trying to create activities inside the Etoys environment. We have also a customized kit for the installation of a Windows version of the emulator having Fedora+Sugar+Etoys. One click only... Read how to use it at the tutorials.

Unfortunately, the tutorials are currently only in brazilian portuguese. The link is here. The pages are in the format to be accessed, in the future, by the OLPC browser.

V-Toys, E-toysによって構築されたビジュアルプログラミング言語

殆どがフランス語ですが、言語がビジュアルなので、プロジェクトをダウンロードして例をみれば使い方が分かると思います。将来的にv-toysが言語に依存しないようコメントには視覚的な言葉が使われています。

http://community.ofset.org/wiki/V-toys

以下のページに英語のサンプルについての説明をいくつか置いています。 v-toys English

Mostly in French, but since the language is visual, you can download projects and learn by examples. A visual language for comments will be used so that v-toys will be independent of language in the future.

http://community.ofset.org/wiki/V-toys

I'll put some references to English examples in this page : v-toys English

参考

Personal tools
  • Log in
  • Login with OpenID
About OLPC
About the laptop
About the tablet
Projects
OLPC wiki
Toolbox
In other languages