News/2008/02-09/lang-ja

From OLPC

Jump to: navigation, search

ラップトップ ニュース 2008-02-09

1. Embedded controller: Richard Smith found a few more “corner cases” where the the EC side of the command protocol can “wedge.” He also discovered—while looking at the kernel's EC SCI handler—that the “unwedge” workaround only works when the EC is reporting up a single byte. EC command failure does not seem to show up on Richard’s testbed and there have not been many reports from the Joyride users with symptoms that would match this failure mode; therefore, these fixes will not make Update.1—we don’t want to hold up the release for the necessary testing and QA; they should appear in the next release. The current round of EC code appears to be holding up well.

1. Embedded controller (組込コントローラ): Richard SmithはEC側のコマンドプロトコルが引っかかる見落とされた問題をもっと見つけました。他にカーネルのEC SCIハンドラーを調べ中に彼が発見したのは、その引っかかりを緩める一時的解決方はECがシングルバイトを報告している時だけが有効です。ECコマンド失敗はRichardのテスト台にはまだ現れておらず、Joyrideユーザの方からもその失敗モードと一致した症状の報告はそんなにありませんでした。それでこの問題の修正はUpdate.1には間に合いません。QAと修正のテストをするためにリリース日を延長などは咲けたいですから。しかし次のリリースには入るでしょう。現在のECコードは順調に持ちこたえています。

2. Batteries: Field reports of batteries that will not charge continue to trickle in. The symptoms are all identical: during a charge the voltage profile changes in such a way that the EC thinks the battery is fully charged and it marks it as such; but since it only received a few mAh of charger when the XO goes on to battery power is shuts off in a few minutes. Nothing so far indicates that it is a EC software problem, but Richard is not ruling it out until he has had a chance to work with the suspect batteries. A sampling of RMA with these batteries are on their way to Richard for examination and return to the manufacture for deeper analysis.

2. Batteries (バッテリー): 実地からの報告では充電しないバッテリーは少しずつ届いています。問題の症状はすべて似ています:充電中に電圧プロファイルが特定に変化して、それによってECがバッテリーは充電済みだと勘違し、それに応じてマークしてしまいます。しかし実際にはXOがバッテリー電源に切り替わる時にmAhほどのごくわずかな量だけが充電されているので、数分後には停止してしまいます。今のところ原因がECソフトウェア上の問題だと表している物はありません。しかしながらRichardは問題のバッテリーをちゃんと調べるまでそれは否定したくはないようです。RMAしたそのバッテリーのサンプルは検査してもらうためRichardに送り、後におく深い調査を行うため製造元へ送り返されます。

3. Power usage: Richard continues to gather data and analyze the power consumption of the XO laptop while trying to auto-suspend under “real world” conditions. (Many people have offered to gather data for him.) Based on data gathered in the OLPC offices, laptops don’t stay in auto-suspend while not being actively used: there is a constant stream of wake-ups. This skews the result heavily towards a shorter battery runtime. To get an accurate profile of the actual activity level, these wake-ups need to be eliminated or minimized. The prime suspect is the WLAN: an XO laptop that auto-suspends not in the noisy RF environment of the OLPC offices will stay in suspend until user activity or the low battery wakeup occurs.

3. Power usage (電力使用量): Richardは引き続けてデータを集め、実際の環境で自動サスペンドするXOラップトップ電力使用量を計算しています。(あらゆる人たちがデータ集めに協力したいと申し出ました。) OLPC本部でデータを集めた結果ウェークアップがやまず、データが短いバッテリー応用時間の方にスキューされてしまいます。確実な活動レベルのプロファイルを得たいなら、これらのウェークアップを完全に無くすかまたは減少する必要があります。もっとも怪しいのはWLANです:RF騒音がひどいOLPC本部のような場所意外で自動サスペンドするXOラップトップはユーザが作動する、または底充電ウェークアップがないかぎりサスペンドから起き上がる事はできません。

Chris Ball provided Richard with some power readings from our newly enhanced power tinderbox running a C2 (mass production) laptop. It allows us to sample the power draw of the various sub-systems while in sleep, something that the olpc-logbat script cannot do. The top auto-suspend power-draw breakdown:

Chris BallはRichardにC2(量産型)ラップトップを走らせている新改良パワーティンダーボックスから得た電力データを調達しました。これはスリープ中の各種サブシステムの電力消費をサンプルする事ができ、それはolpc-logbatスクリプトではできません。トップの自動サスペンド電力消費の内訳:

{
WLAN734 mW
バックライト362 mW
メモリ239 mW
LCD218 mW
EC108 mW
339 mW
合計2064 mW

The “other” category seems high, but it includes the switching regulator efficiency loss across all categories. A more details audit of these numbers will happen in the future. The good news is that the 2W total matches what olpc-logbat reports as being the average for a 4.5 hour uninterrupted suspend session so measured matches reality. The bad news is that this works out to only about 8.5 hours of battery life with no wakups. To get to greater than 10 hours, we are going to have work out methods of determining when we have been inactive for extended periods and turn off both the LCD and backlight under those conditions. We have timers in the system that will do this under normal non-suspended operation, but auto-suspend currently prevents these timers from ever expiring. For long auto-suspends, the only LCD and backlight power savings we get are from freezing the display and dimming the backlight. Recovering over 500mW in the extended-suspend case would make a big difference in the “no interruptions” test case which is an upper bound. (Note that in “eBook” mode, the backlight is off, providing additional power savings.)

「他」のカテゴリーは高いように見えますが、実際には全カテゴリーのswitching regulator efficiency lossも含まれています。近いうちにこのデータのもっと精密なオーディットを行うつもりです。良いニュースは合計2Wの数字はolpc-logbatが報告する4.5時間uninterupted suspend sessionの平均数位と一致するので、データと現実は一致することになります。悪いニュースとしてバッテリー充電はウェークアップ無しで合計8.5時間ほどにしかなりません。それを10時間以上に延長するには、長期間inactiveになっている状態を探知してそれに応じLCDとバックライトを停止する機能が必要になります。通常のサスペンド・オペレーション意外でそれができるタイマーは備えていますが、自動サスペンドはそのタイマーのエクスパイヤー期限を阻止します。長期間自動サスペンドでLCDとバックライトから得ることができる節約はディスプレイのフリーズとバックライトを暗くする事くらいしかありません。結果的に長期サスペンドで500mW以上節約できれば、 "no interruptions"テストケースで大きな違いを出します。(ebookモードではバックライトが消してあるのでさらに節電できます。)

A next step will be to see if the wireless power can be reduced during suspend. Currently the suspend/non-suspend power draw for the WLAN module is the same. When the driver and firmware are mature enough, we will be able to fine-tune the power draw under both conditions.

次のステップはサスペンド中のワイヤレス電力使用量の減少です。現在WLANモジュールのサスペンド/再開電力使用量は特に何も変わっていません。ドライバーとファームウェアが満ちてきたら両方の場面で電力消費率の細かい設定を始めるつもりです。

The EC also has a low-power mode that is not utilized in suspend. More recent requirements of the EC have it doing things that involve watching timers. Refactoring the code such that the EC can sleep and still do its chores will be a pretty invasive change. But as the more low-hanging fruit is picked, turning that 100mW into 1mW will be targeted.

ECでは他にサスペンドでまだ運用されていないもう一つの低電力モードがあります。この頃のECはタイマー観察に関わらないといけません。ECにスリープができ、なおかつ通常の仕事ができるためにするりファクト・コード変更はかなり奥深い所まで届きます。しかしやり方としては簡単な物から始めた方が良いので、最初の目標は100mWを1mWに減らします。

4. School server: John Watlington spent time this week working with a three-server mesh at the OLPC office in Cambridge. Scott Ananian turned the mesh testbed back on and we quickly saw the network become unusable. We are working on registering every laptop in the office to see if that helps. In the meantime, he has setup a school server on a different mesh channel in preparation for next week's learning workshop. It has already been used to show that problems with sharing and inviting friends to join activities experienced around the office are related to the network load, not the presence of a school server.

4. School server (スクールサーバ): John WatlingtonはケンブリッジM.A.のOLPC本部で3サーバメッシュ設定で作業をしました。Scott Ananianがメッシュのテストベッドを作動してまもなくネットワークが使い物にならなってしまいました。本部にある全てのラップトップを登録したら何とかなるかもしれないので、現在それをやっている最中です。その間に彼は来週予定されている学習ワークショップのため、スクールサーバを別のメッシュチャンネルに移動しました。もうすでに分かっている事はアクティビティでシェアまたは親友を招待する場合に現れる問題の原因はネットワークロードに関わりがあり、スクールサーバの配置にはまったく無関係であることです。

5. Multi-battery charger: Bitworks has provided Richard and Lilian Walter with the second-round prototypes of the charger PCB with five channels loaded. This lets the firmware development continue. Various discussions with the manufacturer of the DC–DC converter chip have flushed out the causes of higher than expected temperatures; a third round of prototypes should fix these issues. The first test plastic and sheet-metal parts from the fabrication tools have been produced and Gecko has been working with the manufacturer fixing the issues that always arise with new tooling. A full set of parts to assemble some complete units are expected at the end of February.

5. Multi-battery charger (マルチバッテリー充電器): BitworksはRichardとLilian Walterにチャンネルが五つロードしてあるある第2ラウンド・プロトタイプ・チャージャーPCBを供給しました。これによりハードウェア開発を引き続けて行うことができます。DC-DCコンバーター・チップ製造者とのいろいろな話し合いの結果、温度が思ったより高くなってしまった原因の追求でき第3プロトタイプで修正されるはずです。制作ツールを使い初のプラスチックと板金のテストパーツが製造されました。 Geckoは新しいツーリングでいつもながら現れる問題などに付いて製造会社と共に作業しています。二月の終わりには少々の完成されたユニットが仕上がる見込みです。

6. Tech team: As part of the restructuring required to meet new challenges, a technology team has been formed to focus on HW/SW development, testing, support, and systems administration (IT). Over the next week we will define goals, work with the other teams (development and deployment) to understand their needs, and outline a plan for resourcing and meeting those goals.

6. Tech team (技術チーム): 新しく現れるチャレンジに対応するために行うリストラの一分としてHW/SW開発、テスト、サポート、そしてシステム管理 (IT)をフォーカスに入れた新しい技術チームを結成しました。来週チームの目標定義、他チーム (開発と配備)とのコンビで得るニーズの理解、そして、それらの目標を達するためのアウトラインやリソースに付いていろいろ決めます。

7. Schedule/testing: Update.1 RC2 (release candidate 2) was made available on Friday (http://download.laptop.org/xo-1/os/candidate/691/jffs2/); it is signed and ready for testing. Please help test this build (See Test_issues and Update.1).

7. Schedule/testing (スケジュール/テスト): Update.1 RC2が完成しました ( http://download.laptop.org/xo-1/os/candidate/691/jffs2/ );サイン済みですぐにテスト出来ます。ぜひこのビルドのテストに参加して下さい (詳しくは Test_issues and Update.1 )。

8. SysAdmin/IT: Welcome to Henry Hardy, who joined us this week as OLPC systems administrator.

8. SysAdmin/IT (システム管理/IT): 今週Henry HardyがOLPCシステム管理者として仕事を始めました。お歓迎いたします。

9. HW/SW Development: This week the first 100 G1G1 users had Build 656 pushed to them automatically. We are only pushing this build to people running Build 649, 650, or 653. Basic information about update streams (and how to unsubscribe your laptop) is available in the wiki (See Update_streams). Expect to see Build 656 pushed more broadly over the coming weeks.

9. HW/SW Development (HW/SW開発): 今週G1G1で最初100人となるユーザ達が自動的にBuild 656を受けとりました。このビルドはBuild 649、650、653を走らせている人にだけに送りました。アップデート・ストリーム(そして、ラップトップの加入解除方法)に関する情報はwikiに載っています (詳しくは Update_streams をご覧下さい)。今後数週間の間にBuild 656をもっと幅広く分配する予定です。

Scott also shepherded Update.1 rc2, 691 (See http://download.laptop.org/xo-1/os/candidate/691/jffs2/). Preliminary release notes are at Test Group Release Notes#Build 691 Q2D13 .28RC2.29.

それ以外にScottがUpdate.1 RC2 Build 691を用意しました (詳しくは http://download.laptop.org/xo-1/os/candidate/691/jffs2/ をご覧下さい)。予備リリースノートは Test Group Release Notes#Build 691 Q2D13 .28RC2.29 にあります。

10. Sugar: Reinier Heeres finished up his coop for OLPC. Not only did Reinier finish up the the calculator activity in the OLPC system he created, he also fixed many other bugs in Sugar as part of the UI team during his coop period.

10. Sugar (シュガー): Reinier HeeresのOLPCでのcoopは終了しました。彼はOLPCシステムで始めた電卓アクティビティの完成とUIチームの一人としてSugarに存在した数々なバグの修正もしました。

Simon Schampijer debugged a visual-control problem with Xulrunner (Ticket #6133) with Marco Pesenti Gritti. (It is probably an X driver bug.) He provided a first fix for a problem with the browser crashing when visiting certain web sites (Ticket #6108). The rest of the week was spent in testing.

Simon SchampijerはXulrunnerのvisual-control問題のデバッグをMarco Pesenti Grittiと共に行いました(Ticket #6133)。(多分Xドライバー・バグでしょう。)その他、特定のウェブサイトを訪れた時に起こるブラウザー・クラッシュ問題に最初の修正を提出しました(Ticket #6108)。週の残りはテストして過ごしました。

Marco started on the code refactoring planned for Update.2. In particular the toolkit modules was split out into a separate package to ease maintenance and make licensing more clear. Also it's not necessary anymore to set SUGAR_PATH and SUGAR_PREFIX to run sugar or scripts such as the control panel. Marco built packages of Sugar and dependencies for Fedora 8 (this work is still in progress). The goal is to have something easier than jhbuild for people to develop activities or try out Sugar on a non-OLPC distribution. With Jani Monoses working on the Ubuntu packages, we should be able to cover a large part of the user community.

MarcoはUpdate.2に予定されているコード・リファクタリングを始めました。特にツールキット・モジュールはメンテナを簡単にするためとライセンスを分かりやすくするため別々のパッケージに分離されました。その上Sugarやコントロールパネルの様なスクリプトを走らす場合SUGAR_PATHとSUGAR_PREFIXを最初にセットする必要はもうなくなりました。MarcoはFedora8のためのSugarとdependenciesのパッケージをビルドしました(この作業はまだ続いています)。目的はアクティビティ開発でjhbuildよりもっと手軽な物を使うのとOLPCディストロ意外でSugarを走らせてみるためにあります。Jani MonosesがUbuntuパッケージで作業していますので、幅広いユーザコミュニティをカバーする亊が出来ると思います。

Marco also worked with the Pentragram and Eben Eliason on a Sugar demo for an upcoming MoMA exhibition, which will be open to the public.

Marcoは他にPentagramで作業、Eben Eliasonは近いうちにあるMoMA公共展示のためSugarデモの準備をしました。

Tomeu Vizoso is work on a possible solution to the slow startup time for activities. It is still too soon to know if or when his patches will land in our builds, but looks promising. Potentially, we could eliminate all initializing work not specific to activities.

Tomeu Vizosoはアクティビティの遅いスタートアップ・タイム解決に取り込みました。彼のパッチがいつビルドに取り込まれるかを考えるにはまだ早すぎますが、期待できると思います。可能性としてはアクティビティ意外の部分でも無駄な初期化を無くす亊ができるかも知れません。

Tomeu added some notes about he Sugar architecture to the wiki (See Sugar Architecture). The page is still incomplete; if you are interested in working on it, Tomeu will gladly answer any questions. He also added pointers to tickets to the pages in the wiki about the datastore redesign (See).

TomeuはwikiにSugarアーキテクチャに関するノートを加えました (Sugar Architecture)。ページはまだ未完成ですので、もし興味があるならTomeuにいろいろ質問しても良いそうです。彼は他にdatastore再デザインのwikiページ内にチケットへのポインターを付け加えました (詳しくは をご覧下さい。)

And, working with Jani, he fixed some license issues in the Sugar packages that will allow our packages to get into the Ubuntu 8.04 release in April. If things go as expected, Ubuntu users will be able to choose at boot Sugar as a desktop. Hopefully this will attract more users and developers to Sugar.

彼はさらにJaniと一緒に作業を行い4月にリリースされるUbuntu 8.04にSugarパッケージが含まれる亊が出きるようにするためライセンス互換性での問題修正をしました。物事が予定どおりに行けばブート際にSugarをデスクトップとして選ぶ亊が出きるようになります。それでもっとユーザやディベロッパーが集まってくれれば良いと願っています。

Sayamindu Dasgupta spent time helping Simon and Marco track down the cause of Browse activity slowing down after an upgrade from the Ship.2 release to the Update.1 RC release (Ticket #6046). It turns out that this is being caused by a combination of different issues—we believe that we have tracked them all down. Sayamindu has a new fontconfig package that takes care of issue #6048 along with a new version of Rainbow. The package is in Joyride and will be in the Update.1 release.

Sayamindu DasguptaはSimonとMarcoを手伝いShip.2リリースからUpdate.1RCリリースへアップグレードする際に現れるBrowseアクティビティ減速問題の追求をしました (Ticket #6046)。問題の原因はいろいろな問題が重なっていて、その全てを追求したと信じています。Sayaminduはチケット #6048を処理するfontconfigパッケージを用意した他、Rainbowの新バージョンも用意しました。現在パッケージはJoyrideに入っており、後にUpdate.1リリースにも入ります。

Erik Blankinship and Faisal Anwar at Media Mods created a screencasting activity this week to make it easy to create videos of what is happening on your screen, complete with audio narration. Also, Media Mods' newest version of the Record activity, which offers improved stability, made it into the Update.1 Release Candidate this week. Coming next to the Record activity is a control panel for adjusting image and audio settings, exif data, and some new recording modes: stop-motion and time-lapse.

Media ModsのErik BlankinshipとFaisal Anwarはスクリーン活動の録画を簡単にするscreencastingアクティビティを作りました。それには音声ナレーションも含まれています。さらに安定性を上げたMedia ModのRecordアクティビティ最新バージョンがUpdate.1 Release Candidateに入りました。次にRecordアクティビティに来るのはイメージ、オーディオ設定、exifデータ、少々の新録音モード(ストップモーションとタイムラプス)などができるコントロールパネルの追加です。

Arjun Sarwal continues to work on the Measure activity; he is exploring graphing/plotting packages that can display logged data within Measure in a variety of different representations. After discussions it emerges that such graphing functionality would be useful in conjunction with a spreadsheet-like interface that can read data logged by the Distance activity (Acoustic Tape Measure) as well. Arjun is working on making Measure read and write data in CSV format so that the SocialCalc activity might be able to load and display the logged values.

Arjun Sarwalは引き続きMeasureアクティビティで作業しています:彼は現在Measureで集めたデータをいろいろな格好で表すことのできるグラフ/プロット・パッケージを探しています。議論のあとこの様なグラフ機能はDistanceアクティビティ(Acoustic Tape Measure)が集めたデータが読めるスプレッドシート・インターフェースで訳に立つ亊が分かりました。さらにArjunはSocialCalcアクティビティでデータ値のロードや表示を可能にするため、MeasureでCSVフォーマットを通してデータの読みと書き込みが出来る機能を取り込んでいます。

Arjun discussed with Richard Boulanger the sensor opcode in Csound; more development on that front is expected to happen in the coming weeks. Finally, he spent time talking with Alexis Soffler regarding how she may be able to incorporate low-cost sensor peripherals into a chemistry curriculum that she is developing for the XO laptop, the first one being a low-cost temperature sensor probe.

ArjunはRichard Boulangerと一緒にCsoundのsensor opcodeに付いて話し合いをしました。この分野で今後数週間にもっと開発が進むだろうと期待しています。最後に彼はAlexis Sofflerと話し合い、一体どうやって彼女がXOラップトップ用に開発している化学カリキュラムに低コストセンサー機具を取り込む亊ができるかに付いて話しました。最初は低コスト温度センサー・プローブでした。

11. Presence server: Morgan Collett has been working on documentation for presence and collaboration. See for the pages of Telepathy and Presence Service. Morgan also started a roadmap for presence that currently just documents open Trac items, but as we discuss priorities and features he’ll add more description: Talk:Presence_Service#Roadmap (feel free to comment there on anything not suited for a Trac comment).

11. Presence server (Presenceサーバ): Morgan Collettはプレゼンスとコラボレーションのドキュメントで作業しました。TelepathyとPresenceサービスに付いては をご覧下さい。さらにMorganはオープン状態Tracアイテムをドキュメントに書き込むPresenceのロードマップも始めました。優勢順位や機能の議論と共に他の内容も書き入れるつもりです: Talk:Presence_Service#Roadmap (Tracには適してないコメントなどはどうぞここに書き入れてしてください。)

Guillaume Desmottes changed the presence-server Jabber-account-registering policy (#6295) and resurrected the video-chat activity, which is now launchable again. He is waiting on new Farsight/Stream-engine packages to start testing; he also fixed some hyperactivity issues and track Salut crashers.

Guillaume Desmottesはpresence-server Jabber-account-registeringポリシー変更を行い(#6295)、video-chatアクティビティを再び復活させ、また起動できるように修正しました。

12. Translation: Sayamindu Dasgupta reports have new teams for Italian, Marathi, Sinhala, Vietnamese and Gujarati. He has an automated testing script for testing all the translated PO files for errors in the Pootle server. It currently tests only Spanish and Mongolian but Sayamindu plans on covering all languages by the next week. This should prevent build regression bugs due to malformatted or wrong PO files. He has added notes in the wiki on how to utilize the translation testing features in our web based translation management system, Pootle (Localization/Testing#Testing the PO files). Sayamindu also discovered a few cases where Pootle can become very slow, and discussed these with the upstream developers. They have suggested a few solutions, and he's trying to implement them in our deployment. The shifting of Pootle to the new server had caused some issues to crop up with the GIT integration—he managed to track them down and fix them. Sayamindu is at Gnunify, one of the grassroots level FOSS conferences in India, speaking about the OLPC.

12. Translation (翻訳): Sayamindu Dasguptaの報告ではイタリア語、マラーティー語、シンハラ語、ベトナム語、グジャラート語のチームが新しく登場しました。彼はPootleサーバでの翻訳済POファイル・エラーをテストする自動テストスクリプトを用意しました。現在スペイン語、モンゴル語しかテスト出来ませんが、Sayaminduの計画では来週までに全言語をカバーできるようにするつもりです。これにより不正フォーマットと不正POファイルが原因となるビルド回帰バグが防げるはずです。さらに彼はwikiにPootleウェブベース翻訳マネージメント・システムの翻訳テスト活用法ノートを加えました (Localization/Testing#Testing the PO files)。他に彼はPootleが非常に遅くなってしまう状況を見つけ、それに関してアップストリーム・ディベロッパー達と議論しました。彼らはいくつかの提案をだし、Sayamiinduはそれを取り入れようとしています。Pootleの新しいサーバ置き換えはGIT integrationでいくつかの問題を作り、彼はそれを追求し修正しました。その上SayaminduはGnunifyに参加しています。そこではOLPCに付いて話しています。これはインドで開かれる草の根レベルFOSSカンファレンスです。

Arjun built the xkeyboard-config package locally, in order to catch all of the recent changes to the xkb symbol files. Dennis Gilmore has built it on Koji; Arjun has tested it in Joyride and it is now approved to go into Update1.

Arjunは最近出されたxkbシンボル・ファイルをすべて導入するためローカルでXkeyboard-configパッケージをビルドしました。Dennis GilmoreはKojiでそれをビルドしました。ArjunがJoyrideでそれをテストした後Update.1に加えても良い許可を得ました。

13. Kernel: Andres Salmon pushed more (kernel) code upstream, uploaded mock to Debian (“and hey, it actually works; nice to be able to create Fedora chroots”), and updated yum packages for Debian.

13. Kernel (カーネル): Andres Salmonはさらに(カーネル)コードをアップストリームへ送り、模擬をDebianにアップロードして(「そして、これ結構使えますね、やっぱFedora chroot作れるのはええなあ〜」)、Debian用のyumパッケージもアップデートしました。

14. Security: Michael Stone helped Tomeu debug his “prefork Rainbow-hack: and provided a tentative Rainbow rpm for Scott's “faster” branch. (These are all efforts towards tuning performance.) Michael merged Marcus Leech's “olpc-audit” filesystem permissions checker into olpc-utils; he prototyped patches to Sugar for improving sugar-install-bundle and for making the Journal automatically recognize developer keys and designated bundles on USB keys. Michael “stubbed out” wiki pages for several OLPC-maintained software artifacts and filed packaging tickets on behalf of John and Scott so that he and Dennis can track progress on the relevant packaging work.

14. Security (セキュリティ): Michael StoneはTomeuの「prefork Rainbowハック」デバッグ作業で手伝いました。そしてScottが管理する「高速型」ブランチ用のRainbow RPMを用意しました。(これらは全てパフォーマンス・チューニングのために行われています。)MichaelはMarcus Leechの「olpc-audit」ファイルシステム特権チェッカーをolpc-utilsに組み込みました。彼はsugar-install-bundle改良、そして、ジャーナルが自動的にディベロッパー暗号鍵とUSBキーの指定バンドルを認識するSugar用プロトタイプ・パッチを作りました。MichaelはいくつかのOLPCが管理したアーティファクトになったソフトウェアのwikiページのスタブアウトと、彼とDennisが関連したパッケージ作業の進みがトラッキング出きるようJohnとScottの代わりにパッケージ・チケットをファイルしました。

15. Network: Michail Bletsas met with Latif Ladid, Chairman of the IPv6 Forum. The principle request on our part is for the forum to help us with setting up the necessary school-to-school IPv6 paths that will enable collaboration between children in different schools, countries, continents. Latif followed up with introductions to the two largest commercial IPv6 network operators.

15. Network (ネットワーク): Michail BletsasはIPv6フォーラムの会長Latif Ladidと合いました。我々のリクエストはいろいろな学校、国、大陸にいる子供たちの間でのコラボレーションを実現するため、フォーラムにそれをするのに不可欠な学校から学校へのIPv6パス設置の手伝いをしてほしいと願いをだしました。Latifは二つの大手IPv6ネットワークオペレータへ紹介してくれました。

Michail had a conference call with SES-Americom. They agreed to provide the (C-Band) space segment and internet termination (via their Maryland teleport) for our upcoming deployment in Haiti.

MichailはSES-Americomとカンファレンスコールしました。彼らは近いうち予定されているハイチ配給のためC-Bandスペースセグメントとインターネット・ターミネーション(目エリーランド・テレポートを通して)調達に同意しました。

16. In the community: Peter Harrison and Michael Burns worked throughout the last two weeks to prepare the merging of the olpchelp.org and olpc.osuosl.org forums, which can be found at http://forum.laptop.org/. The migration happened Friday night without a hitch and we have more than doubled (800 users, 4,000 comments) the community discussing and supporting the XO laptop for Give 1, Get 1 donors. The support gang hopes to extend the site to all XO laptop users throughout the world with regional, language-specific forums over time.

16. In the community (コミュニティ): Peter HarrisonとMichael Burnsはこの二週間olpchelp.orgとolpc.osuosl.orgフォーラム統合の準備をしてきました (フォーラムは http://forum.laptop.org/ にあります。)。 移動は金曜日の夜に行われ、問題は別にありませんでした。G1G1寄付者が使うXOラップトップのサポート、そして議論をするこのコミュニティのユーザ数は二倍以上に増え(ユーザ800人、コメント数4000)ました。サポート組はサイトを増長して地方、そして言語特有フォーラムを通し世界中のXOラップトップ・ユーザに広めるつもりです。

Arjun Sarwal worked with advisors Josh Hehner and Jim Hopper to prepare a draft of the role of advisors document and channels of advising. The draft is posted on the Health page (See Health); feedback is invited from all. The agenda and other details of a conference call scheduled for 1PM (EST) on Sunday, 10 February, are also posted. Many thanks to all advisors for their support in this initiative.

Arjun SarwalはアドバイザーをしているJohn HehnerやJim Hopperと共同でアドバイザー・ドキュメントの役目とアドバイスを与える手段の下書準備をしました。下書きはヘルスページ(Health)に載っています。ぜひフィードバックを送って下さい。2月10日、日曜日午後一時(EST)に予定されているカンファレンスコールの課題と内容も載っています。このイニシアチブをサポートしてくれたアドバイザー達に大変感謝致します。

Yoshiaki Sonoda, an enthusiastic grass-root volunteer and supporter of OLPC in Japan, is going to make two presentations about OLPC in Japan this month. The objectives are purely to draw people's attention to OLPC and to foster better understanding of OLPC philosophy in Japan. In addition, he hopes more people in Japan will take an interest in OLPC and subsequently contribute their ideas and resources to OLPC projects.

日本のOLPCサポーターであり熱狂的な草の根ボランティアをしているYoshiaki Sonadaは今月OLPCに関して二つのプレゼンテーションを行います。目的は日本でOLPCへの感心とOLPC哲学の理解を深めるために行います。さらに彼は日本でより多くの人たちがOLPCに興味を持ち始めOLPCプロジェクトに考えやリソースを貢献してくれると期待しています。

“OLPC roles in Human Security—from the aspect of Network Centric Strategy” Feb. 8, 2008, at Sunshine Convention Hall, Ikebukuro, Tokyo.

「OLPCと人間の安全保証-ネットワークセントリック戦略との関係」2008年2月8日、サンシャインコンベンションセンター、池袋、Tokyo.

“Learning learning on Macintosh: Squeak Etoys and OLPC” at the Nagasaki Macintosh User Group Monthly Meeting (supported by Apple, Japan) Feb. 23, 2008, at Nagasaki International University, Nagasaki

「OLPCとSqueakプログラミングの紹介」長崎アップルユーザグループ例会、2008年2月23日、長崎国際大学、長崎。詳しい内容はこのページにあります。

These activities are supported continually by Mr. Abe, Squeakland.jp and other OLPC Japanese volunteer members.

これらの活動はSquekland.jpのMr. Abeや他のOLPC日本ボランティアメンバーによりサポートされ続けています。

日本国内で開かれるOLPC(ワンラップトップ・パー・チャイルド)関係のカンファレンスやプレゼンテーションなどのイベントに関する情報は、OLPC日本語コミュニティポータル:イベント をご覧下さい。

Personal tools
  • Log in
  • Login with OpenID
About OLPC
About the laptop
About the tablet
Projects
OLPC wiki
Toolbox